【実体験】リタリコジュニアの評判・口コミは?【おすすめする理由】

リタリコジュニアの評判は?【通室中の親目線で紹介】
ケンサク

ケンサク

はじめまして、ケンサクといいます。
知的障害を伴う自閉症の娘(ピノ子)への療育に奮闘中の父親です。

ー主な経験ー
■療育
◎前職で児童発達支援事業立ち上げに携わる
◎約10の療育(児童発達支援事業所)を体験
■出生前診断・臍帯血(※妻)
◎3人目の妊娠にて新型出生前診断(NIPT)
◎2人目・3人目の出産にて臍帯血を保管
■教材
◎学校教材の編集・制作経験(約7年)
◎発達障害児に役立つ教材の分析

FOLLOW

お子さんの療育を検討中で、児童発達支援のLITALICO(リタリコ)の評判や口コミを知りたい方へ。
私の娘は知的障害を伴う自閉症で、リタリコジュニアの通室経験がありますが、結論おすすめの療育です
その理由を、娘や、同じく通室していた娘のお友だちの体験談をまじえてご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • リタリコジュニアの評判や口コミ
  • リタリコジュニアの効果、メリット・デメリット
  • リタリコジュニアのサポート内容、他にはない強み
  • リタリコジュニアのおすすめコース、申込み方法

この記事を読めば、お子さんがリタリコジュニアを利用するべきかどうかがわかります。
私の娘や、娘のお友だちはリタリコジュニアに通い、ぐんぐん成長が見られました。実際の経験談もまじえてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

※本記事にはプロモーションが含まれています。

リタリコジュニアの評判・口コミは?

リタリコジュニアの評判は?

結論、リタリコジュニアの評判はよいです。私の娘のピノ子(知的障害を伴う自閉症児)も通室していましたが、療育体制は充実していて、ぐんぐん成長が見られました。

さらに、ピノ子の周りにも通室しているお友だちがいて、親御さんに話を聞く限り、しっかり成長につながっているとのこと。実際にそのお友だちを見ても、自閉症児ながらコミュニケーションはほとんど問題なく、むしろ健常児に近い発達段階でした

リタリコジュニアの評判・口コミ(SNS)

リタリコジュニアはやばい?

一方、Web上では「リタリコジュニアはやばい」といった、よくない評判を見かけることもありますが……上述したように、実際に通室している私たちからすると、決してそんなことはありません。

とはいえ、もちろんメリットばかりではなく、デメリットもあるのは事実です。そういった話も含めたうえで、実際にリタリコジュニアへ通室しているピノ子やお友だちの体験談をもとに、次から詳しく紹介していきます。

リタリコジュニアとは?

リタリコジュニアの評判・口コミは?【おすすめする理由】「LITALICO(リタリコ)ジュニア」
(出所:LITALICOジュニア 公式HP)

指導実績20,000人以上・全国100教室以上。業界トップクラスの実績を誇る、発達障害・学習障害の子ども向けに療育・発達支援を行っている教室です。療育を検討する際、一番最初に名前が出てくるのがこちらのLITALICO(リタリコ)でしょう。

対象は0~18歳。指導形態は1(先生)対1~3(子ども)の個別指導が中心で、子どもの特性に応じて2(先生)対5(子ども)などの集団指導も。学習やソーシャルスキルアップをメインとした指導を取り入れています。

オーダーメイドの個別指導

おすすめのパーソナルコースを紹介

リタリコジュニアのメリット(強み)

リタリコジュニアの評判・口コミは?【おすすめする理由】「リタリコジュニアのメリット(強み)」

実際にリタリコジュニアへ通室しているピノ子やお友だちの体験談をもとに、メリット(強み)をまとめてみました。主に以下の点でおすすめです。

リタリコジュニアの強み
  • 子どもの特性に合わせた個別プログラム【療育効果を向上】
  • 指導後の丁寧なフィードバック【家庭療育に活かしやすい】
  • 定期的な勉強会を開催(無料)【親の理解度も向上】

それぞれ、詳しくご紹介します。

子どもの特性に合わせた個別プログラム【療育効果を向上】

子どもの成長度合いや特性に合わせて、最適な療育・学習プログラムを組んでくれます。私たち夫婦はリタリコジュニアを検討するにあたって、他の様々な児童発達支援(療育)も見学してきましたが、この点はリタリコが最も優れていたと感じました。

療育には基本的なプログラムが存在していて、それを軸に子どもの特性に合わせて療育を行うケースが多いのですが、リタリコの場合は完全にその子に合わせたプログラムを組んでくれます

発達の度合いにかかわらず、成長が見込めます

たとえばピノ子の場合(ピノ子のプロフィールはこちら)、そもそも椅子に座って作業・学習することが苦手でしたので、まず最初に体を動かすことからスタート。トランポリンやボール遊びなどで発散したあとに、机上課題に取り組みます。

机上課題についても、まずは興味・関心がありそうなものから始め、その後、徐々に苦手なものへ移行。そして、できたときはめちゃくちゃ褒めてくれます(基本的にかなりテンション高めで褒めてくれます)。

結果として、通室前と比べて課題に取り組む集中力が増し、今まで苦手だったコミュニケーション(意思疎通)の面でも成長が見られました。たとえば、ピノ子は言葉での意思疎通ができていなかったところを、今では写真カードでやりたいこと・やりたくないことをほぼ完璧に伝えることができるように。

さらに、ほとんど無発語だったにもかかわらず、音声模倣まで出るようになったのです……!

「その程度なの?」と思われてしまうかもしれませんが、言語コミュニケーションを最も苦手としていたピノ子にとっては、ものすごく大きな成長だったのです。今まで家庭でも取り組んでいたのですが、中々できるようになりませんでしたので。。

障害が比較的重めのピノ子でも成長が見られましたので、ピノ子よりも発達が進んでいるお子さんは、更なる成長が期待できると思います。

指導後の丁寧なフィードバック【家庭療育に活かしやすい】

指導中は別室のモニターで様子を確認できるのですが、終了後にはフィードバックの時間を10分程受けられます。ここで、どういうねらいで指導をしていたのか、子どもの様子はどうだったのか、といったことを事細かく教えてもらうことができます。

一見、ただ遊んでいるように見えることもあるのですが(笑)、「これはそういうねらいがあったのか!」ということをしっかり説明してもらえます。指導しながらここまで観察しているのかと、先生方のレベルも全体的に高いと感じました。

なお、リタリコでは通室して数ヶ月はその子の特性を観察され、その後「個別支援計画」を作成してもらいます。私たち親もその内容を確認し、「ここが気になる」「ここを伸ばしたい」というのを相談したうえで最終決定となります。

支援計画が決まった後は、それに基づいて指導が行われるのですが、この支援計画の書類が他の療育よりもすごくわかりやすいのです……!具体的な目標に対して、どういうアプローチをしていくのかが詳細に書かれていることもあり、指導後のフィードバックにも活かされているなあと感じました。

ここまで個別対応できるのは、私たち夫婦が見てきた療育にはありませんでした。目標を具体的にしてくれるので、家庭での療育にも活かせます。

定期的な勉強会を開催(無料)【親の理解度も向上】

子どもへの指導だけでなく、私たち親へのサポートも充実しています。そのうちの1つとして、定期的に勉強会やセミナーに無料で参加することができます

たとえば、「発達障害の子どもが就学前に知っておきたいことは?」「発語お悩み共有会」など、様々なテーマで開催されています。オンラインで顔出しせず、気軽に参加できるものも多いので、私たちも積極的に参加させてもらいました。

また、オンラインだけでなくリアルでの交流会もあり、そこでママ友をつくるというケースもあるようです。「健常児のお子さんの親とは話が合わないんだよなあ」ということもあると思いますが、リタリコではそういう悩みも共有することができます。

個別対応もしてもらえました

あと、すごいなあと思ったのが、勉強会に参加した後にアンケートなどで質問できるのはもちろんですが、もっと詳しく聞いてみたいと思った場合に、リタリコ本社の担当の方と個別にお話しする機会をセッティングしてもらえたことでした。

すごく丁寧に、親身にお話をしてもらえたので本当に感謝しています。これも、他の療育にはない強みでしょう。

オーダーメイドの個別指導

おすすめのパーソナルコースを紹介

リタリコジュニアの通室方法

リタリコジュニアの評判・口コミは?【おすすめする理由】「リタリコジュニアの通室方法」

では、リタリコジュニアへはどのように通室するのでしょうか。以下、2パターンあります。

スタンダードコース(受給者証を利用して通室)

通所受給者証を利用して通室するパターンです。児童発達支援・放課後等デイサービスにあたり、ピノ子はこちらのコースで通室していました。ピノ子の場合、基本的には個別指導が多かったです。

  • 対象年齢
    ◎未就学時期(児童発達支援)
    ◎就学時期(放課後等デイサービス)
  • サービス形態
    ◎個別(先生1・子ども1~3)
    ◎集団(先生2・子ども5)
  • 1日の流れ
    ◎集団指導(60分)
    ◎おやつ(30分)
    ◎個別指導(60分)
    ◎集団指導(15分)
    ◎フィードバック(20分)
  • 利用料金
    ◎児童発達支援⇒1,400~1,600円程度(※満3歳~5歳は無償化の対象)
    ◎放課後等デイサービス⇒950~1,300円程度

スタンダードコースの利用までの流れ

「問い合わせ⇒利用登録⇒空き枠が出たら案内⇒各種手続き・見学案内⇒利用開始」

スタンダードコースの特徴
  • 受給者証を利用できるので、低額で通室可能
  • 指導時間は約3時間だが、担当する指導員(先生)は変動制
  • 通室開始まで時間がかかる

>>スタンダードコースの詳細はこちら

パーソナルコース(実費で通室)

受給者証を利用せずに通室するパターンです。利用料金を実費で負担する分、スタンダードコースより内容がかなり充実しています。こちらのコースに通っていたピノ子のお友だちもいます。

  • 対象年齢
    1歳半程度~18歳
  • サービス形態
    完全個別指導(専任の指導員によるマンツーマン
  • 利用期間
    9ヶ月間(最速での早期支援)
  • 1日の流れ
    指導(50分)⇒フィードバック(20分)+家庭学習のサポートあり
  • 利用料金
    22,000円(1回)~

パーソナルコースの利用までの流れ

「問い合わせ⇒見学・体験⇒利用開始」

パーソナルコースの特徴
  • 完全個別指導(担当の先生は固定で、変更も可)
  • 家庭学習のサポートも充実(「ペアレントトレーニング」)
  • 受給者証が使えないため、料金が高め

>>パーソナルコースの詳細はこちら

リタリコジュニアのデメリット

リタリコジュニアの評判・口コミは?【おすすめする理由】「リタリコジュニアのデメリット」

リタリコジュニアのデメリットについてもまとめておきます。前述したように、スタンダードコース・パーソナルコースで以下のような点が挙げられ、このあたりが「リタリコジュニアはやばい」といったよくない評判や口コミとして、Web上でも散見されます。

【スタンダードコースのデメリット】

  • 利用まで時間がかかる
  • 先生を指定できない

【パーソナルコースのデメリット】

  • 受給者証を使用できない
  • スタンダードコースよりも実施教室が少ない

リタリコは療育の中では非常に有名なので、スタンダードコースの場合はすぐに通室するのが難しいケースが多いです。ピノ子の場合も、通室まで1年待ちました。。また、先生が毎回変わることが多いので、お子さんによっては慣れるまで時間がかかってしまうでしょう。

ピノ子が通っている教室(スタンダードコース)も、ある程度先生のレベルは高いとは思うのですが……指導レベルに差があるのも事実です。。正直なところ、経験豊富な先生にずっと担当してほしいなあという気持ちもあります。。

その点、パーソナルコースであれば、体験後にすぐに利用可能指導経験豊富な先生が専任となり、それでも気に入らない場合は変更することもできるそうです(これはピノ子のお友だちから聞いた情報です)。

しかし、受給者証は使用できず、1回あたりの料金は22,000円。月に4回の受講が基本となるので、最低でも月に88,000円かかる計算になります。。口コミにもあるように、本気で療育に取り組む覚悟が必要になるでしょう。

とはいえ、最初はパーソナルコースから始めて、スタンダードコースの空きが出たらすぐにそちらに移る、という方法も可能です。

当たり前のことですが、療育において先生の指導力は最も重要な要素です。その点で、パーソナルコースのようにエース級の先生の指導を固定で受けられるのは大きな魅力。そう考えると、この料金設定も納得です。

また、パーソナルコースを実施している教室は、スタンダードコースよりは少ないため、場合によっては「自宅から遠くて難しい」ということもありえます。

オンライン授業にも対応しているようですが、パーソナルコースを実施している教室が通える範囲にあればチャンスです

子どもに最適な療育体制を提供

【LITALICOジュニア】オーダーメイドの個別指導

結局、どちらのコースを選ぶべき?

どういった場合にスタンダードコースがおすすめか、パーソナルコースがおすすめかということを以下にまとめましたので、こちらを参考に申し込みを検討してください。

スタンダードコースがおすすめの方
  • 入室に時間がかかっても、とにかく料金を抑えたい
  • (お子さんは)個別・集団指導どちらでも順応できる
  • (お子さんは)先生が変動制でも問題なく対応できる

>>スタンダードコースの詳細はこちら

パーソナルコースがおすすめの方
  • できるだけ早く通室させて、療育の効果を最大限にしたい
  • ある程度費用がかかっても、子どもに最適な療育体制を提供したい
  • 指導経験豊富な専任の先生から療育を受けたい

>>パーソナルコースの詳細はこちら

迷ったらパーソナルコースがおすすめ【私たちは後悔しています。。】

ご紹介してきましたように、パーソナルコースのほうが内容がかなり充実していますので、もし迷う場合はパーソナルコースを検討してみてください。以下に示す私たちのような状況でない限りは、パーソナルコースをおすすめします。

パーソナルコースを選ばなかった後悔

ピノ子のときも、どちらのコースにするかすごく迷いましたが……結果的にはやはり「予算的に厳しいなあ」と思ってしまい、スタンダードコースの空きを待つことにしました。そして1年後、ようやくスタンダードコースの空きが出て、通室できるようになります。

ちょうど、それはピノ子が保育園から幼稚園に移ったタイミングだったのですが、そこでできた新しいお友だち(ピノ子と同様に発達障害のお子さん)の話を聞いていたときのこと。なんと、1年前からリタリコのパーソナルコースに通っていたとのことでした……!

その親御さんの話を聞くと、元々ピノ子よりは多少発達が進んでいたようでしたが……パーソナルコースに通った約1年で、以下のように格段に成長が見られたとのことでした……!

パーソナルコースで見られた成長
  • 言葉でのコミュニケーションが格段に増えた
  • 書字や数の理解など、学習面も飛躍的に伸びた
  • 運動面でも成長が見られた

確かに、その子に会ったときは、パッと見は定型発達の子とほとんど変わらないくらいの成長度合いでした。成長は子どもそれぞれとはいえ、正直なところ、うらやましかったです。。

もちろん、リタリコがすべてではないとは思いますが……結果として、ピノ子も「最初の段階でパーソナルコースに申し込んでおくべきだったのではないか」「申し込んでおけばもっと成長を促せていたのではないか」と後悔することになりました。。

迷ったらこちらがおすすめ

【LITALICOジュニア】オーダーメイドの個別指導

スタンダードコースでも効果あり【できればパーソナルコースがよい】

とはいえ、もちろんスタンダードコースだと効果がないというわけではありません。冒頭でご紹介したように、ピノ子も課題に取り組む集中力が増し、コミュニケーション(意思疎通)の面でも確かな成長が見られました。

ピノ子の場合も、スタンダードコースからパーソナルコースへの切り替えを検討しましたが……ちょうど保育園から幼稚園に移ったタイミングであったり、ほかでも新しい療育に通うようになっていたりと、環境がガラッと変わっていました。

ここでさらに、慣れてきたスタンダードコースを変えてしまうとなると、ピノ子も私たち親もかえってしんどくなってしまうと考え……そのままスタンダードコースを継続することにしました。

スタンダードコースもよいのですが、私たちのような状況でないかぎりは、パーソナルコースをおすすめします。

早期療育の重要性

パーソナルコースは、子どもに最適な療育を提供できる強みがあるのはもちろん、「すぐに取り組める」ということも同じくらい魅力だと思っています。リタリコのスタンダードコースもそうですが、すでにご紹介したように人気のある療育は空き待ちであることが少なくありません

療育は早ければ早いほど効果を発揮します(早期療育の効果についてはこちらの記事でまとめています)。前述したピノ子のお友だちのように、できるだけ早い段階からお子さんの特性に合った最適な療育を提供することが、子どもの成長に最も貢献できると感じています。

パーソナルコースでは、有料ながら入会前に本番同様の体験授業を受けること可能です。「内容が良いのはわかったけど、いきなり入会するのは不安」といった場合でも、まずは体験授業を受けてから判断できるので安心です。

体験授業でも、本番さながらの丁寧なフィードバックをもらえます。仮に入会に至らなくても、そのフィードバックの内容をもとに今後のお子さんの療育方針を固められるので、すごくおすすめです。

子ども最適な療育体制提供

【LITALICOジュニア】オーダーメイドの個別指導

リタリコジュニアの申込み方法

リタリコジュニアの評判・口コミは?【おすすめする理由】「リタリコジュニアの申込み方法」

では、リタリコの申込みはどのように行うのでしょうか。スタンダードコースとパーソナルコースで異なるので、それぞれご紹介します。

スタンダードコースの場合

①まずはこちらにアクセス。ページ内にある「お問い合わせフォーム」をクリックします。
②最初に「体験授業」「資料請求」と出てくるので、「体験授業」または両方を選択して進みます。
③あとは質問内容(7つ)に回答していきます。

問い合わせが完了したら、後日最寄りの教室から連絡が入ります(この時点で空きがない場合は待機登録になります)。その後、見学や体験の日程を調整し、教室へ。利用日を相談し、受給者証の申請に移ります。

1~2カ月後、受給者証が交付されたら、正式に利用契約。ようやく通室スタートとなります。

パーソナルコースの場合

①まずはこちらにアクセス。ページ内にある「体験授業を申込む」または「体験授業のお問い合わせ」をクリックします。
②あとは質問内容(4つ)に回答していくだけです。

申込み(問い合わせ)が完了したら、後日最寄りの教室から連絡が入ります。その後、体験授業の日程を設定し、教室へ。体験授業後は、今後の指導プランや家庭でのサポート方法などを早速提案してもらえます。問題なければそのまま申込み、すぐに利用開始となります。

上述したように、体験授業は有料ですが、子どもへの指導(50分)・ペアレントトレーニングのミニワーク(20分)・学習計画の提案をみっちりやってもらえます。特に「ペアレントトレーニング」も特徴的で、満足度の高いサポートです。以下の動画で体験談などが紹介されています。

仮に入会しなかった場合でも、今後の家庭療育に活かせる具体的なアドバイスをもらえるので、有料で受ける価値は十分あるでしょう。

「どちらのコースにするか迷うなあ」という場合は、まずはパーソナルコースの体験授業を受けてみることをおすすめします

迷ったらこちらがおすすめ

【LITALICOジュニア】オーダーメイドの個別指導

まとめ【早めの検討で、お子さんの成長を最大限に】

リタリコジュニアの評判について、実際に通室している親目線で紹介させていただきました。

ピノ子が受けてきた療育界隈ではよく「人間の脳は6歳までに90%完成する」ということを言われてきましたが、早期療育の重要性は身に染みて感じています。その一助として、リタリコはすごくおすすめです。

療育を検討されている場合は、この機会にできるだけ早めに申込みを検討することをおすすめします

その中でも、内容を考えればパーソナルコースがおすすめです。ピノ子やそのお友だちの様子からも、お子さんの成長を最もサポートできると感じています。費用はかかりますが、指導力の高い先生から最適な療育を早期に受けることで、大きな成長につながります

私たち夫婦と同じような後悔はしてほしくありません。迷われている方はまず体験授業を受けてみて、早めに検討されることをおすすめします

今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。

LITALICO(リタリコ)ジュニアのコース
  • パーソナルコース【おすすめ】
    完全個別指導で、親向けの「ペアレントトレーニング」もあり。実費負担となりますが、すぐに通室が可能。経験豊富な専任の先生のもと、最大限の療育効果が期待できるので、こちらを検討することをおすすめします。
    >>パーソナルコースの詳細・体験申込みはこちら
  • スタンダードコース
    「とにかく料金を抑えたい」という場合はこちらを検討しましょう。空き待ちの可能性が高く、パーソナルコースほど手厚いサポートではありませんが、療育の効果はもちろん期待できます。
    >>スタンダードコースの詳細・体験申込みはこちら
関連記事