【無料で試せる】発達障害があると勉強できない?おすすめの教材は通信教育

発達障害の子どもにおすすめの教材はこれ!【自閉症児が使ってみた感想あり】
ケンサク

ケンサク

はじめまして、ケンサクといいます。
知的障害を伴う自閉症の娘(ピノ子)への療育に奮闘中の父親です。

ー主な経験ー
■療育
◎前職で児童発達支援事業立ち上げに携わる
◎約10の療育(児童発達支援事業所)を体験
■出生前診断・臍帯血(※妻)
◎3人目の妊娠にて新型出生前診断(NIPT)
◎2人目・3人目の出産にて臍帯血を保管
■教材
◎学校教材の編集・制作経験(約7年)
◎発達障害児に役立つ教材の分析

FOLLOW

「発達障害の子どもが勉強できないので困っている……おすすめの方法や教材があれば知りたい」といった親御さんへ。
私の娘も発達障害ですが、結論「通信教育」などの教材を活用するのがおすすめです。その中でも特に成長が見られた教材や、無料で試せる教材を中心にご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 発達障害の子どもにおすすめの教材
  • 発達障害の子どもへの教材の効果
  • 教材の選び方のポイント

この記事を読めば、勉強できないと感じる、発達障害や発達がゆっくりなお子さんに効果の高い教材がわかります。私の娘の実体験をまじえて紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

※本記事にはプロモーションが含まれています。

発達障害があると勉強できない?おすすめの教材は通信教育

発達障害があると勉強できない?おすすめの教材は通信教育

結論、私の娘のピノ子(発達障害児)の実体験を踏まえると、通信教育などの教材をうまく活用して、ある程度勉強(学習)することができました。詳しくは後述しますが、実際に成長も見られています。

もちろん、定型発達のお子さんと比べて勉強できないという傾向はあるかもしれませんが、中度知的障害を伴う自閉症のピノ子でも、本人なりに学習に取り組むことはできています。

なお、おすすめの教材は以下のとおりです。

おすすめの教材(幼児向け)
  • ポピー(全家研ポピー)
    「最もおすすめの教材(通信教育)です」
    他社よりもかなり安価で、気軽にお試しできます。
    難易度が低く、簡単な手作業からコミュニケーションまで幅広く学べるので、発達障害の子どもでも発達を促しやすいのが強みです。
    >>ポピーの公式HPはこちら
  • 星みつる式
    発達障害の子どもがフラッシュカードで「見て聴いて」学習できる教材です。視覚優位の幼児や小学生、言葉の遅れがある知的障害やダウン症の子どもにも効果があります。
    >>星みつる式の公式HPはこちら
おすすめの教材(小学生以上)
  • すらら
    小学生から高校生までを対象とした「無学年方式」のタブレット学習教材。ゲーム感覚で楽しく学べ、発達障害の子どものさかのぼり学習にも最適。
    >>すららの公式HPはこちら
  • 進研ゼミ
    音声やアニメーションなどで学習内容をわかりやすく説明。「発達障害支援サイト」で専門家の交流も受けられます。
    >>進研ゼミの公式HPはこちら
おすすめの教材(その他)
  • 天神:発達障害児向けのタブレット学習教材。幼児・小学生・中学生まで対応。
    >>天神の公式HPはこちら
  • 七田式:フラッシュカードなどを使って、記憶力や集中力、読解力などを向上。
  • 感覚統合を発達させるもの別記事参照

「とりあえずおすすめの教材だけわかればいい」という方は、上記のリンク(公式HP)から気になるものを資料請求して検討してみてください。資料請求はすべて無料なので、気軽にお試しできます。

「選び方も含めてしっかり確認したい」という方は、記事を読み進めてください。

教材の役割と選び方のポイント

発達障害があると勉強できない?おすすめの教材は通信教育「教材の役割と選び方のポイント」

発達障害の子どもにとっての教材の役割

発達障害の子どもや発達がゆっくりな子どもの多くは、言語やコミュニケーション、集中力や記憶力、感覚や運動などに困難を抱えているでしょう。そのため、学校や家庭での生活や学習に支障をきたしてしまう場合がほとんではないでしょうか。

もちろん、私の娘のピノ子も当てはまります。。

しかし、子どもの特性やニーズに合わせて適切な教材を使えば、生活スキルや学習面を向上させる手助けをしてくれます。教材を使うことで、以下のようなメリットが期待できます。

  • 学習意欲や自信が高まる
  • 学習内容を視覚的に理解しやすくなる
  • コミュニケーションや社会性の向上につながる
  • 感覚や運動の発達を促進する

これらのメリットは、すべてピノ子にも当てはまります。ご紹介した教材に取り組むことで、確実に成長を促すことができました

発達障害や発達がゆっくりなお子さんを抱える親御さんの多くは、「子どもが少しでも生きやすいように成長してほしい」とお考えではないでしょうか。

上述したように、中度知的障害を伴う自閉症のピノ子でも効果が見られたので、成長の度合いはそれぞれとはいえ、こういった教材の活用は高い確率で成長につながると言えるでしょう。

教材の選び方のポイント

では、発達障害や発達がゆっくりな子どもに教材を選ぶときは、どのようなポイントに注意すればよいでしょうか。以下、教材を購入する前にチェックしておきましょう。

  • 子どもの年齢やレベル、興味に合っているか
  • 子どもの特性やニーズに対応しているか
  • 教材が楽しくて飽きないものであるか
  • 教材の使い方や効果が分かりやすいものであるか
  • 教材の価格は適切か

前提として、「現在の子どものレベルに合っているか」「興味を持って取り組めるか」ということが大切です。たとえばピノ子の場合、3歳くらいから試しに教材を与えてみたのですが、まったく興味を示さず取り組むことができませんでした。

しっかり座って取り組めるようになったのは4歳くらいからです。

もちろん、お子さんによって成長には個人差があるとは思いますが、まずはやらせてみないと何もわかりませんし、変わりません。これから紹介する教材は無料のお試しができるものが中心なので、購入前にまずは試してみることをおすすめします。

発達障害の子どもにおすすめの教材(幼児向け)

それでは、ここからはピノ子も使ってみて効果を実感した教材を中心に、発達障害の子どもや発達がゆっくりな子どもにおすすめの教材をご紹介します。まずは幼児向けの教材から。

おすすめの教材(幼児向け)
  • ポピー(全家研ポピー)
    「最もおすすめの教材(通信教育)です」
    他社よりもかなり安価で、気軽にお試しできます。
    難易度が低く、簡単な手作業からコミュニケーションまで幅広く学べるので、発達障害の子どもでも発達を促しやすいのが強みです。
    >>ポピーの公式HPはこちら
  • 星みつる式
    発達障害の子どもがフラッシュカードで「見て聴いて」学習できる教材です。視覚優位の幼児や小学生、言葉の遅れがある知的障害やダウン症の子どもにも効果があります。
    >>星みつる式の公式HPはこちら

なお、これは療育先で教わったのですが、アメリカの医学者・人類学者のスキャモンの「スキャモンの発達・発育曲線」によれば人間の脳は6歳までに90%完成すると言われているそうです。

これを言われたときは半ば危機感をあおられましたが……「今のままだと将来が不安」「少しでも成長を促したい」とお考えの親御さんは、できるだけ早く試してみることをおすすめします

資料請求(無料お試しの申し込み)はどの教材も数分で終わりますし、リスクもありません。この機会にぜひ、試してみてください。

特におすすめ 幼児ポピー(全家研ポピー)

発達障害があると勉強できない?おすすめの教材は通信教育「幼児ポピー(全家研ポピー)」
(出所:幼児ポピー公式HP)

ポピーは家庭用の通信教育(教材)なのですが、私の中ではこちらが一番おすすめです。

他社よりもかなり安く(月額1,425円~)利用できるので、コストは最小限。もし継続してみて「やっぱり合わないなあ」と感じたときでもすぐにやめられます。デジタル教材も付属していて、「デジタルブック」「ダンス動画」「運動あそび動画」など、発達障害の子どもでも取り組みやすいコンテンツが充実しています。

幼児ポピーは、2歳から6歳までの子どもに合わせた4つのシリーズを展開。どれも基本的に易しめの内容なので、発達障害の子どもでも比較的取り組みやすい内容になっています。実際に、以下のような口コミもあります。

なお、4つのシリーズの詳細は次のとおりです。

ももちゃん

2〜3歳児向け。発達障害の子どもでも取り組みやすい、シール貼りや工作(切ったり作ったりなど)、指でのなぞり書きといった手先を使う遊びを通して、ことばや感性を育てます。毎月届くミニえほんもおすすめ。

きいどり

3〜4歳児向け。「ももちゃん」のように手先や頭の働きを育てる教材で、「言葉」「文字」「数」に親しめるようなページもあります。

あかどり

4〜5歳児向け。ひらがなや数字などの基礎学習を通して、自信や集中力を育てます。発達障害の子どもでも取り組めるような、「ドリるん」もじという、大きな文字を指でなぞることで字形を認識できるような仕掛けもあります。

あおどり

5〜6歳児向け。「ももちゃん」「きいどり」「あかどり」の応用編といった構成で、読み書きや計算などを学習。思考力や判断力を育てます。こちらは少し難しめな印象です。

幼児ポピーの効果

お子さんの発達段階によりますが、基本的に難易度が低く、知的障害のあるピノ子でも「ももちゃん」は取り組みやすい内容でした。結果として、シール貼りや線つなぎなど、格段に上達していく様子が見受けられました(もう少し発達が進んでいるお子さんは別のシリーズがおすすめです)。

あとは、毎月付録のミニ絵本も反応がよかったです(ボードブックなので丈夫なのもよいです)。全部というわけではありませんが、半分近くは興味を示しており、これまであまり興味を示さなかった絵本に少し興味が出てくるようになったんです……!

ポピーは発達障害の子ども専用の教材ではないものの、上述のように効果がありましたので、内容・価格ともにピノ子にとっては一番よかった教材だと実感しています。(幼児ポピーのほか、「小学ポピー」「中学ポピー」のラインアップもあるので、小・中学生にもおすすめです。)

「幼児ポピー」
のポイント
  • 月額1,425円~という低価格!
  • 取り組みやすい内容に加え、絵本も便利で使いやすい!
  • 興味を引きやすいデジタル教材も付属!

コスパ抜群!シンプルな構成で発達障害の子にもおすすめ

星みつる式

発達障害があると勉強できない?おすすめの教材は通信教育「星みつる式」
(出所:星みつる式公式HP)

視覚優位の特性を持つ発達障害の子ども向けに開発された映像教材です。映像や絵カードなどを短時間(10~20分前後)見せるだけ。自宅で簡単に取り組むことができます。TVの代わりにこちらを見せるだけでよいので、我々親にとって少し楽というのもメリットです(笑)

「発達障害」「知育」「フラッシュカード」の3種類の映像教材(DVD)があり、幼児向けではフラッシュカードがおすすめ。DVD1巻に平均600枚収録されています。

フラッシュカードは全36巻で89,748円とお高めなので、予算的に厳しい場合はまず入門編の9巻(22,990円)から取り組むのがおすすめです(ピノ子も入門編のあとに、好みに応じて別のものを購入しました)。とはいえ、まずは資料請求して映像を見せてみて、お子さんの反応を観察するのがよいと思います。

「星みつる式」
のポイント
  • 映像を短時間見せるだけでOK!自宅で簡単に取り組める
  • 自閉症専門の教材!言葉を増やし、記憶力・理解力・創造力を育む

>>星みつる式の無料お試しはこちら

発達障害の子どもにおすすめの教材(小学生以上)

こちらでは、小学生以上の発達障害のお子さん向けの教材をご紹介します。

おすすめの教材(小学生以上)
  • すらら
    小学生から高校生までを対象とした「無学年方式」のタブレット学習教材。ゲーム感覚で楽しく学べ、発達障害の子どものさかのぼり学習にも最適。
    >>すららの公式HPはこちら
  • 進研ゼミ
    音声やアニメーションなどで学習内容をわかりやすく説明。「発達障害支援サイト」で専門家の交流も受けられます。
    >>進研ゼミの公式HPはこちら

特におすすめ すらら

発達障害があると勉強できない?おすすめの教材は通信教育「すらら」
(出所:すらら公式HP)

小学生から高校生までを対象としたタブレット学習教材。楽しく学べる、モチベーションが上がる要素を豊富に備えています。

一人ひとりの学力に合わせて学習できる「無学年方式」で、文字・イラスト・音声を組み合わせたゲーム感覚で学べるので、発達障害の子どもでも視覚的にわかりやすいのが特長です。

さらに、「すららコーチ」という専属の担当者が学習計画や悩み相談などをサポートする体制も充実。「勉強が嫌いで、まずは日頃の勉強に少しでも興味を持ってもらいたい」といった場合にもおすすめです。

【すららの口コミ】

発達障害の子でもタブレットで楽しく学べる

進研ゼミ

発達障害があると勉強できない?おすすめの教材は通信教育「進研ゼミ」
(出所:進研ゼミ 小学講座 公式HP)

発達障害の子ども専用ではありませんが、学習習慣や自信をつけるためのサポートとして役立つ要素は充実。たとえばタブレット教材「チャレンジタッチ」では、音声やアニメーションなどで学習内容をわかりやすく説明し、モチベーションを高める工夫がされています。

また、学習計画や進捗管理などは「チャレンジタッチ」が自動的に実施。さらに、「発達障害支援サイト」では専門家のアドバイスや親同士の交流などができるコミュニティを提供しています

音声やアニメーション豊富で楽しく学べる!

小学生以上の発達障害のお子さんや勉強がかなり苦手なお子さんには、ゲーム感覚で楽しく学べる「すらら」がオススメです。視覚的にもわかりやすく、より効果が期待できます。

発達障害の子どもにおすすめの教材(その他)

最後に、上記以外でもお子さんの特性やご家庭の状況によってはおすすめの教材や、それ以外のものについてもご紹介します。

おすすめの教材(その他)
  • 天神:発達障害児向けのタブレット学習教材。幼児・小学生・中学生まで対応。
    >>天神の公式HPはこちら
  • 七田式:フラッシュカードなどを使って、記憶力や集中力、読解力などを向上。
  • 感覚統合を発達させるもの別記事参照

特におすすめ 天神

発達障害があると勉強できない?おすすめの教材は通信教育「天神」
(出所:天神公式HP)

発達障害の幼児向けタブレット教材では、「天神」が唯一無二です

子どもの興味やレベルに合わせて学習内容を自動的に調整するシステムを採用。タブレット型の教材で、なぞり書き・フラッシュカード(2,000枚以上)・約10,000問の反復学習などに対応。発達障害の子どもでも苦手意識を持つことなく、取り組むことができます。

一問ごとに丁寧なヒント・解説を設けているほか、一問ごとに褒める仕組みも搭載。さらに、学習状況や理解度も簡単に確認することができます。

唯一の「発達障害の幼児向け」タブレット教材

七田式

七田式は、右脳教育のパイオニアである七田眞氏が開発した教材です。代表的なものは、文字や数字や絵を高速で見せるフラッシュカード。大量の情報を高速(1秒以内)で次々に見せることで、右脳の能力を目覚めせます。

フラッシュカードは、発達障害の子どもに対して記憶力や集中力、コミュニケーション能力などに好影響を与えるという報告もあります。

感覚統合を発達させるもの

感覚統合とは、様々な感覚器官から入ってくる情報を脳が正しく分類・整理し、適切に反応する能力のことです。発達に遅れがある子どもや発達障害の子どもはこれらの能力が低下している状態で、感覚統合を発達させるのも、とても大切です。

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、よかったらご覧になってください。

まとめ【最適な教材を活用して早めの取り組みを】

以上、発達障害の子どもにおすすめの教材を、幼児向けの通信教育(教材)を中心に、小学生以上とその他のカテゴリに分けてご紹介しました。発達障害の子どもにとって、教材は学習や生活スキルなど、将来必要な能力を身につけるための大切なツールです。

前述しましたが、「人間の脳は6歳までに90%完成する」と言われていますので、できるだけ早く取り組んでいただくことをおすすめします。ピノ子の場合も、「こんなのできるのかなあ……」と思って敬遠していましたが、いざやらせてみるとできることもありました。

そして、こういった教材への取り組みなどもあって、これまでほとんどできなかった学習面をかなり引き上げることができたと思っています。ピノ子のように比較的重めの障害があっても成長できたので、軽めのお子さんは更なる成長が期待できるでしょう。

お子さんの成長を考えれば、今回ご紹介した教材は決して高くない投資かと思います。仮に「ちょっと合わないなあ」という場合でも、今回ご紹介したほとんどの教材は事前に無料で試せるので心配はいりません。

私たち夫婦もそうでしたが、後でやろうとすると気が付いたら1カ月以上たっているということもありますので。。早めに取り組んでみることをおすすめします。

お子さんの将来を考え、少しでも生きやすく成長してもらえるよう、今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめの教材(幼児向け)
  • 幼児ポピー(全家研ポピー)
    「最もおすすめの教材(通信教育)です」
    他社よりもかなり安価で、気軽にお試しできます。発達障害の子どもでも発達を促しやすいのが強みです。
    >>ポピーの無料お試しはこちら
おすすめの教材(小学生以上)
  • すらら
    小学生から高校生までを対象とした「無学年方式」のタブレット学習教材。発達障害の子どものさかのぼり学習に最適。
    >>すららの無料お試しはこちら
おすすめの教材(その他)
発達障害の子向け【天神】の資料請求
  • 七田式:
    フラッシュカードなどを使って、記憶力や集中力、読解力などを向上。
  • 感覚統合を発達させるもの別記事参照
関連記事