クレーン現象で子どもが手を引っ張る……【私の娘の改善方法を紹介】

クレーン現象とは?【自閉症の娘が改善した方法についても解説】
ケンサク

ケンサク

はじめまして、ケンサクといいます。
知的障害を伴う自閉症の娘(ピノ子)への療育に奮闘中の父親です。

ー主な経験ー
■療育
◎前職で児童発達支援事業立ち上げに携わる
◎約10の療育(児童発達支援事業所)を体験
■出生前診断・臍帯血(※妻)
◎3人目の妊娠にて新型出生前診断(NIPT)
◎2人目・3人目の出産にて臍帯血を保管
■教材
◎学校教材の編集・制作経験(約7年)
◎発達障害児に役立つ教材の分析

FOLLOW

「クレーン現象で子どもが手を引っ張る……改善方法を知りたい」といった親御さんへ。
自閉症児である、私の娘のピノ子もかつてはクレーン現象が見られましたが、日々の療育によって今ではほとんどなくなりました。
今回は、クレーン現象の原因や発達障害との関連性などについても触れたうえで、その改善方法を紹介していきたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • クレーン現象の原因
  • クレーン現象の改善方法

この記事を読めば、クレーン現象の原因と改善方法がわかります。
発達障害の娘を育てる私たち夫婦の実体験から、具体的な対策について紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

クレーン現象で子どもが手を引っ張る……発達障害なの?

クレーン現象で子どもが手を引っ張る……

クレーン現象とは、子どもが大人の手を引っ張ることで自分の要求を伝えることです。本来であれば言葉や指差しで要求するのですが、言葉が出ていなかったり、指差しが出ていない場合はこのようなケースが見られます。

発達障害の子どもによく見られる傾向ではありますが、障害がない子どもでもクレーン現象は起こります

クレーン現象の例

  • 欲しいおもちゃを取ってほしいときに、大人の手を引っ張る
  • 外に行きたいときに、玄関まで行くのに親の手を引っ張る
  • 開けてほしいドアの前まで、親の手を引っ張る

繰り返しになりますが、上記のような行動が出たからといって障害があるとは言えません。また、クレーン現象は、主に1~2歳の子どもに見られるケースが多いのですが、2歳以降も続いたからと言って発達障害と断定することはできません。

もしクレーン現象で子どもが手を引っ張るようなことがあっても、言葉の意味を理解している様子があったり、家族やお友達と表情のやり取りができていれば、気にする必要はないでしょう

ちなみに私の娘のピノ子は自閉症ですので、言葉の理解やお友だちとのコミュニケーションができていませんでした。。

クレーン現象の原因・発達障害との関連性

クレーン現象で子どもが手を引っ張る……「クレーン現象の原因・発達障害との関連性」

クレーン現象で手を引っ張る原因は、上述のように言葉や指差しが出ていないために、意思表示をする手段がないことが原因と考えられています。また、親や大人の認識が曖昧で、「(親や大人の)手そのものが、自分の要求を叶えてくれるもの」という認識が起こっている可能性があります。

なお、発達障害の子どもは言葉の理解や表出、指差しが苦手な傾向があります。意思表示をするとき、かわりにこのクレーン現象がよく見られることから、発達障害の子どもの特徴の1つとして考えられています。

しかし、繰り返しになりますが、クレーン現象で手を引っ張るから必ずしも発達障害であるというわけではなく、健常児でも自分の要求をうまく表現できず、クレーン現象が出ることがあります。

ただし、目安として、クレーン現象は健常児であれば概ね3歳くらいまでに消失すると言われています。

クレーン現象の改善方法

クレーン現象を改善するためには、その子の言葉やコミュニケーションの発達を促していく必要があります。以下は、自閉症児であるピノ子に実際に行ったことで改善が見られた方法です。

クレーン現象で子どもが手を引っ張るそのときがチャンスなので、そのタイミングで取り組んでみてください。

1.目を合わせる

クレーン現象で子どもが手を引っ張る……「目を合わせる」

まずは目を合わせることが大切です。上述のように、クレーン現象が起こる原因の1つとして「親や大人の認識が曖昧」ということが挙げられます。よって、「手」ではなくて、(親や大人という)「人」にお願いをしていることを認識させる必要があります

ピノ子に関して言えば、本当に目を合わせてくれない子でした。。なので、手を握られた瞬間に「どうしたの?」と言ってまずは目を合わせる(厳密には、目が合わないので視界に入り込む)ことを、日頃から相当意識するようにしていました。

2.肩をトントンさせる・指差しをさせる

クレーン現象で子どもが手を引っ張る……「肩をトントンさせる・指差しをさせる」

手を握られて目的の物や場所に近づいたら、お願いの仕方をお手本として見せてあげましょう。具体的には、「ママ(パパ)」と言って親の肩をトントンさせて(子どもの手をこちらが取って親の肩をトントンさせる)、「とって」と言って指差しのかたちをつくってあげるのです。

これを何度も何度も繰り返すことで、「お願いするときはこの方法をとればいいいんだ」ということを子どもにインプットできれば、クレーン現象は大幅に減少します。

もちろん、そんなに簡単に改善するものではありません。ピノ子の場合は自閉症児なのでなおさらだったかもしれませんが、この一連の流れを覚えるまでに1年はかかったと記憶しています。。

とにかく、根気よく続ける姿勢が大切です。また、ポイントとしては「クレーン現象が起こる場面をあえて設定しておく」ことでしょうか。たとえば、好きなおもちゃを目に見えるけど手が届かない位置に置いておいたりして、クレーン現象が出る場面をつくります。

そうすることで改善する機会が増えることになりますので、少しでも早い改善につながると考えられます。(根気のいることには変わりありませんが。。)

なお、指差しを促す方法については以下の記事でも詳しく紹介していますので、よかったらご覧になってください。

3.少しでもできたら褒める

クレーン現象で子どもが手を引っ張る……「少しでもできたら褒める」

上記の工程の中で、何か少しでもできたことがあれば褒めてあげましょう。目がほんの少しでも合ったら「目を見れたね!すごいね!」と言ってあげたり、肩をトントンまでいかなくとも少しでも肩を触るような素振りを見せたら「肩トントンしようとしてくれたんだね!すごいね!」といったようなかたちで声掛けをしてあげましょう。

ちなみにピノ子の場合は最初は何もできませんでしたので……癇癪を起こさずに親の介助ありで一緒にこなせただけで「できたね!すごいね!」と褒めてあげるようにしていました。その繰り返しで、少しずつ目が合うようになり、指差しができるようになり、肩をトントンしてお願いできるようになっていきました。

そして、気づいたときにはほとんどクレーン現象が出なくなっていました。地道な方法かもしれませんが、よかったら試してみてください。

まとめ

以上、クレーン現象について、ピノ子の経験談をまじえながら改善方法について書かせていただきました。子どもがクレーン現象で手を引っ張るからといって発達障害と決めつけることはせずに、改善するための取り組みを実施していきましょう。

なお、今回は家庭での取り組み方を中心にご紹介しましたが、もしまだ療育に通われていない場合は、通室を検討するのもよいでしょう。クレーン現象が出ているのであれば、療育を活用することで早めの改善が期待できます。

療育については以下の記事で詳しく紹介していますので、よろしければご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事