臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?【私たちが保管した理由】

臍帯血を採らないと後悔する?【私たちは臍帯血バンクで保管しました】
ケンサク

ケンサク

はじめまして、ケンサクといいます。
知的障害を伴う自閉症の娘(ピノ子)への療育に奮闘中の父親です。

ー主な経験ー
■療育
◎前職で児童発達支援事業立ち上げに携わる
◎約10の療育(児童発達支援事業所)を体験
■出生前診断・臍帯血(※妻)
◎3人目の妊娠にて新型出生前診断(NIPT)
◎2人目・3人目の出産にて臍帯血を保管
■教材
◎学校教材の編集・制作経験(約7年)
◎発達障害児に役立つ教材の分析

FOLLOW

「臍帯血は保管すべきかなあ……保管しないと後悔するかな……」「保管して後悔することもあるのかなあ」とお悩みの方へ。
私と妻には3人の娘がいて、長女に障害があったこともあり、二女・三女の出産の際に臍帯血を採取しました。そして、臍帯血バンクで保管して本当によかったと思っています
今回は、私たちが臍帯血を採取した経緯・理由、臍帯血バンクの利用方法、臍帯血バンクのメリット・デメリットなどについて紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 臍帯血を「保管しないと」後悔する理由
  • 臍帯血バンクのメリット・デメリット
  • 臍帯血バンクの利用方法

この記事を読めば、あなたが臍帯血を保管すべきかどうかがわかります。
臍帯血バンクについて、私たち夫婦が実際に利用した経験をまじえながら、メリット・デメリットについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

※本記事はプロモーションを含みます。

臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?【臍帯血バンクを利用した理由】

臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?【臍帯血バンクを利用した理由】

臍帯血バンクの検討に至るまで【保管すべきかどうか】

私の長女のピノ子は、3歳のときに「知的障害を伴う自閉症」と診断されました。私たち夫婦にとって大切な娘であることに変わりはありませんが、事実として、育てるのは本当に大変……大変という一言では言い表せないくらい大変です。。。

(「どれくらい大変なの?」という方は、妻が書いたこちらの記事などをご覧いただくと、イメージが湧くかもしれません。)

そんな中、妻が二女を妊娠したタイミングで「臍帯血バンク」の検討をしていたときのこと。自閉症の子どもに臍帯血を投与することで症状の改善が見られた、という臨床試験の結果があるという話を耳にしたのです。
(参考:「自閉症スペクトラム障害に対するさい帯血を用いた再生医療の有望な結果報告」ステムセル研究所)

これは私たち夫婦にとって衝撃でした。。「これは臍帯血を保管すべきかなあ……きっとやらないと後悔する……!」「すぐにでも詳しい情報が知りたい」と思い、民間臍帯血バンクでは国内99%のシェアを誇るstemcell(ステムセル研究所)に資料請求をしました。

ステムセル研究所の詳細は、以下の動画でもわかりやすく紹介されています。

【資料請求は無料】民間バンク国内最大手!

臍帯血バンクを利用しようと思った理由【保管しないときっと後悔する】

そもそも臍帯血とは?臍帯血バンクとは?

そもそも臍帯血とは、へその緒や胎盤の中を流れる血液のことです。そのため、へその緒でお母さんと赤ちゃんがつながっている出産時のみ採取することができます

大きな特長は、本人や家族が重い疾患にかかったとき、この臍帯血を移植することで治療できる可能性が高まるというものです。採取された臍帯血はすぐに臍帯血バンクへ届けられ、冷凍保存されます。

なお、臍帯血バンクには公的バンクと民間バンクがありますが、違いをざっくり言いますと、前者は第三者、後者は自分(赤ちゃん)または家族を対象とした臍帯血ということになります。

保管すべきかどうか悩んだ結果、臍帯血バンクを利用することに

私たちの場合は自分たち家族(長女)のことを考えてのことだったので、民間臍帯血バンクであるステムセル研究所を検討しました。資料請求して届いた資料を熟読し、わからないことは担当の方に何度も聞いて確かめました。

結論、二女の臍帯血を長女の治療に100%使えるかどうかの保証はない、そして治療するのであれば今はアメリカの大学病院で受けるしかないとのこと。残念ながら、私たちにはそこまでの金銭的・時間的余裕はありませんでした。。

しかし、今まで治療の可能性が「ゼロ」だったところから、少しでも研究が進んでいるのは事実です。そして将来、日本でも治療ができるようになる可能性が十分にあるとのことでした。

また、そのときにはすでにピノ子は大きくなっているかもしれませんが、「二女がもし自閉症だった場合に本人に使えるかもしれない」「私たち親が重い疾患にかかったときに使えるかもしれない」といった選択肢も考えました。

夫婦で検討した結果、臍帯血を保管しないと後悔すると考え、臍帯血バンク(ステムセル研究所)を利用することに決めました。三女の出産の際にも、同様の理由で保管しています。

臍帯血バンクのメリット

臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?「臍帯血バンクのメリット」

では、臍帯血(臍帯血バンク)のメリットについて、もう少し具体的にご紹介します。実際に採取した私たち夫婦が感じているのは、次のような点です。

臍帯血バンクのメリット
  • 難治性の血液疾患(白血病など)が治療できる可能性
  • 現在治療法のない病気(自閉症や脳性麻痺など)に備えることができる
  • 母子ともに痛みもリスクもなく採取できる

難治性の血液疾患(白血病など)が治療できる可能性

白血病や再生不良性貧血などの難治性血液疾患の治療に役立つ可能性があります

今では白血病も不治の病ではありませんが、タイプによってはまだまだ治療困難な場合も。そういった万が一のときでも、治療の選択肢となる場合があります。

現在治療法のない病気(自閉症や脳性麻痺など)に備えることができる

自閉症(100人に2~3人の確率)、脳性麻痺(1,000人に2~3人の確率)などに対しても、すでに臨床研究が進んでいます。たとえば自閉症(自閉症スペクトラム)でいうと、アメリカのデューク大学で治療実績があるとのこと。

将来的に、こういった治療法が見つかっていない疾患に対しての「新たな治療法」として期待されています。自閉症児であるピノ子を育てる私たちからすれば、ここが一番の決め手となりました。

もっと早く知っていれば、長女のときにも臍帯血を保管できたのに……とも思いましたが。。

母子ともに痛みもリスクもなく採取できる

臍帯血は出産後にへその緒や胎盤から血液を採取するため、母子ともに痛みやリスクはありません。短時間で採取することができます。

私は妻の出産に立ち会い、臍帯血を採ったときの様子を頭のほうから見ていましたが、妻はまったく痛がる様子はなく、気が付いたらあっという間に終わっていました。(出産直後で、痛がっている余裕もなかったと思いますが。。)

以上のメリットを踏まえると、臍帯血バンクは次のような方におすすめです。

こんな人におすすめ
  • 「子どもや家族の万が一の病気が心配」
  • 子どもや家族の将来を守るうえで最善を尽くしたい」

「子どもや家族の万が一に備える」臍帯血バンク

臍帯血バンクの利用方法

臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?「臍帯血バンクの利用方法」

ここからは参考までに、臍帯血バンクの利用の流れについてご紹介します。私たちが臍帯血を採取・保管したステムセル研究所においては、次のような流れでした。

  1. 資料請求(無料)
  2. 契約手続きと事前準備
  3. 採取キットの受け取り
  4. 採取(出産当日)⇒ステムセルへ電話連絡
  5. 請求書到着・支払い⇒完了

ちなみに、なぜ私たちがステムセルを選んだのかというと、まず厚生労働省に届出がされているのが2社しかなく、その内の1社がステムセル(もう1社がアイル社)。そして、前述したようにステムセルはシェア99%を誇りますので……もうこれは一択になるのかなと。。

以下、ステムセル研究所の特徴と、ご紹介した利用の流れをもう少し詳しくご説明します(「そこまでの情報は必要ない」という方は、お手数ですが読み飛ばしてください)。

stemcell(ステムセル研究所)

臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?「stemcell(ステムセル研究所)」
(出所:株式会社ステムセル研究所公式HP)

国内99%のシェアを誇る民間臍帯血バンク。全国約2,000の医療機関で7万名以上の臍帯血の採取実績を持ちます。最先端のIoTを備えた細胞処理センター、耐震性に優れた細胞保管センターを完備しているので、臍帯血の保管は安心です。

臍帯血を万が一うまく採取できなかった場合でも、国内で唯一「臍帯」(骨や軟骨などのもととなる細胞を豊富に含む)を保管するプランもあります

また、保管した臍帯血を利用する場合は、専用の相談窓口で相談可能。国内での治療が難しい場合は、アメリカのデューク大学で行われている、臍帯血を用いた臨床試験に参加できるサポート体制もあります(参考:「拡大アクセス制度(EAP)を利用したさい帯血投与治療のご案内」)。

気になる費用は、期間限定の分割手数料無料キャンペーンを適用すれば、10年保管で月々7,600円(初回のみ9,000円・36回分割)から。申込みを検討される場合は、この期間限定の手数料無料キャンペーン中に申込みされることをおすすめします

著名人でも、フリーアナウンサーの桝田絵理奈さん・内田恭子さんや、プロゴルファーの東尾理子さん、俳優の釈由美子さんなど、多くの方が利用されています。

期間限定の分割手数料無料キャンペーン実施中!

なお、以下の記事でステムセル研究所の評判や口コミを紹介していますので、気になる方はこちらもご覧ください。

①資料請求(無料)

では、ここからは申し込みの流れをご紹介していきます。まずはこちらからHPにアクセス。

臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?「stemcell(ステムセル研究所)」

ページ下部の資料請求フォームから必要事項を入力します。

なお、資料請求は無料なので「とりあえず情報収集してじっくり考えたい」という方も、まずは資料請求して検討してみることをおすすめします。しつこい電話の勧誘などもありませんので、まずはご夫婦でパンフレット等にしっかり目を通していただくのが、一番早いと思います。

わからないことは、フリーダイヤルから何度でも相談可能です(私も何度も聞きました)。この時点で専任の担当がついてくれるので、スムーズに話を聞いてもらうことができます。

臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?「stemcell(ステムセル研究所)」
こんな感じで、無料でたくさんの資料をいただけます

②契約手続きと事前準備

内容に問題なければ、プランを決めて申込に移ります。申込用の書類は資料請求時に一緒に送られてきますので、出産前までに、委託契約書や健康調査シートなどに必要事項を記入して、返信用の封筒に入れて郵送します。

なお、別途、出産予定の病院に依頼書(同意書)を提出する必要がありますので、こちらも忘れずに行いましょう。

③採取キットの受け取り

申込完了後、出産予定日の1か月前くらいに採取キットが自宅に届きます。こちらを出産前に病院に持っていく必要がありますので、忘れないように注意しましょう。私たちのときは立ち会い出産だったので、陣痛が起こったタイミングで私が持っていきました。

臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?「stemcell(ステムセル研究所)」
キットはこんな感じです

④採取(出産当日)⇒ステムセルへ電話連絡

出産が終わったタイミングで、臍帯血を採取します。無事に採れたら、妊婦本人または夫がステムセルの出産コールセンターに電話連絡(立ち会い出産後、夫である私がしました)。その後、スタッフが採取済みの臍帯血を病院から回収し、品質確認を行います。

この時点で品質と量に問題があれば保管できないので、料金を請求されることはありません。問題なければ保管作業へ移行し、費用が発生します。

⑤請求書到着・支払い⇒完了

1~2週間くらいで、請求書がメールで届きます。請求書の内容を確認して支払い、同時に子どもの名前登録を行います。その後、1か月後くらいに保管報告書が届きますので、これで完了です。

臍帯血の採取・保管は、出産を控えたこのタイミングでしかできませんので、特に妊娠後期の方は早めに検討することをおすすめします。

「子どもや家族の将来を守る」臍帯血バンク

臍帯血バンクのデメリット

臍帯血は保管すべきか?しないと後悔?「臍帯血バンクのデメリット」

一方で、臍帯血バンクを利用するデメリットについても触れておきます。主に考えられるのは次の2点です。

  • 本人以外の家族に100%使えるかどうかはわからない
  • 費用が高め

本人以外の家族に100%使えるかどうかはわからない

臍帯血を本人に使用する場合は問題ありませんが、親や兄弟姉妹で利用する場合は100%適合するとは言えません

ステムセル研究所によれば、「適合性は、細胞が持つHLAという型の一致の程度により判断されますが、兄弟姉妹間のHLAが完全に適合する確率は25%、半分が適合する確率は50%です。親子間では必ず半分が適合します」とのこと。

しかしながら、このHLAがまったくの他人の場合で完全に一致する確率は数万分の1と言われているので、十分に高い適合確率と言えます。本人以外は100%ではないかもしれませんが、自閉症の娘を持つ私たち夫婦からすると、可能性があるのならば、そこに投資したいと思いました。

私たちのように兄弟姉妹への使用を想定しているわけではなく、赤ちゃん本人への使用を想定する場合はまったく問題ありません。仮に私たちと同じように兄弟姉妹への使用を想定する場合も、適合確率が高いだけで臍帯血を保管する意義は十分あると思います。

費用が高め

費用は10年保管のベーシックプランの利用で、総額275,000円。正直なところ、最初は悩みました。。

とはいえ、生命保険とは違って「万が一の場合の命を救ってくれる可能性のあるもの」ですし、自閉症のピノ子を育てる私たち夫婦にとっては自閉症の症状改善の可能性がある唯一の手段でしたので、これは妥当な費用だと考えました。

ちなみに、上述したように今申込みをすれば期間限定のキャンペーンで分割手数料は無料月々7,600円、10年間の月額で換算すれば2,291円ということを考えれば、決して手の届かない範囲ではないと思います。

実際に利用した方の体験談に「生命保険のようなもの」と書かれているのですが、まさにそのとおりだと思います。ステムセル研究所によれば、自閉症は100人に2~3人、脳性麻痺は1,000人に2~3人の確率です。

この割合をどう考えるかはご夫婦次第ですが……万が一に備えられるというのであれば、妥当な金額だと思います

自閉症には特効薬があるわけでもないですし、治るものでもありません。臍帯血は自閉症の症状を改善できる唯一の手段ですので、自閉症の娘を育てる私たちの経験から考えると、大変な価値があると思っています。

「もし自分の赤ちゃんが自閉症や脳性麻痺だったらどうしよう……」と少しでも不安を感じる方は、臍帯血の保管を強くおすすめします。

国内シェア99%のステムセル研究所

なお、以下の記事でステムセル研究所の利用料金をもう少し詳しく紹介していますので、気になる方はこちらもご覧ください。

まとめ【後悔のないよう、臍帯血保管を検討しましょう】

私たち夫婦もそうでしたが、臍帯血を保管すべきかどうかというのは、費用もかかるので非常に悩ましいと思います。よく考えたうえで結論を出す必要があるでしょう。

しかし、この記事をご覧の多くの方は「子どもや家族の将来を守るうえで最善を尽くしたい」とお考えではないでしょうか。もしそうであれば、臍帯血を保管するメリットはすごく大きいと思います。

治療困難な白血病はもちろん、脳性麻痺や自閉症の治療など、臍帯血は今後「新たな治療法」としてどんどん研究が進んでいくと言われています。

臍帯血の採取・保管は、出産を控えたこのタイミングでしかできません万が一の備えとして、選択肢を持っておくことはとても大きな意義があります。

私たち夫婦も臍帯血を保管すべきかどうかは悩みましたが、「保管しないと後悔する」と考え、臍帯血バンクを利用する決断をしました。冒頭でご紹介しましたが、自閉症の育児は本当に本当に大変です。。今思えば、子どものため、家族のため、決断しておいて本当によかったなと思っています

もしお悩み中の方は、後から「やっぱりやっておけばよかったな……」とならないよう、この機会に前向きに検討していただくことをおすすめします。自閉症の娘を育てる私たち夫婦からすれば、自閉症の症状を改善できる唯一の手段を捨てることは考えられませんので。。

まだ情報収集中という方も、まずはご紹介したステムセル研究所で無料の資料請求をして、検討を進めてみるとよいかと思います。私たちもそうでしたが、詳しい資料を見て検討してみて、気になる点をとことん担当の方に聞いてみるのが最もイメージがつきやすく、不明点も解消できます。

臍帯血を保管すべきかどうか迷っている皆さんへ、今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。

今回紹介した臍帯血バンク
  • stemcell(ステムセル研究所)
    国内シェア99%を誇る民間臍帯血バンク。期間限定で分割手数料無料キャンペーンを実施中ですので、この機会にぜひ検討してみてください。

>>ステムセル研究所の詳細・無料の資料請求はこちら

関連記事